つかずはなれず

マイペースなかいわれだいこんを目指します

挫・人間『もょもと』

 「リア充殺して自分も死ぬ」と毎日のように言っていた奴が、ある日「俺は俺なりに生きることにした」と言い始めた。

 

 何の話だ。

 

 挫・人間のアルバムの話だ。

もょもと

もょもと

 

 
 これまでのアルバムと比べるとその変化はよく分かると思うけど、このアルバムだけでも屈折に屈折を重ねた末のポジティブさというものを感じられるのではないかと思う。


 「チャーハンたべたい」、チープさのあるイントロからまさかがっつりのバンドサウンドが繰り出されるとは。ギターソロがむちゃくちゃ良いと思う。ついさっき岡村靖幸の「だいすき」を初めて聴いたのだけどなんか通ずるものがあった、気がする。


挫・人間「チャーハンたべたい」


 個人的に好きなのは「クズとリンゴ」。夕方五時のアニメのエンディングっぽさがあるメロディがたまらなく良い。その次に「ココ」が置かれているのにもぐっと来てしまう。私の中で「下品なSuchmos」と評判の「おしゃれメロス」はベースラインに濡れる。ていうかベースはどの曲もかっこいいので何周目かには一度そこに注目して聴いてみて欲しい。
 そんで「絶望シネマで臨死」が「チャーハンたべたい」と共にMVを作られているわけだけど、これがネガティブ→ポジティブの反転を強く感じられて、ほんとリード曲に相応しい曲。このアルバムの雰囲気が、すなわち今の挫・人間がぎゅっと凝縮されている。おどろおどろしいイントロ、マシンガンのようなAメロからアニソンにも通じるサビで一気に視界が開けていく。大名曲。


挫・人間「絶望シネマで臨死」

 

 と、掻い摘んで何曲か紹介したけれど、正直どれも甲乙つけがたい。歌詞について深く触れはしなかったが、そっちも良いのでCD買ったら歌詞カード読みながら聴いて欲しい。怒りや恨みつらみや悲しみを抱きしめて素直になった言葉は泣けるし強いのだ。

 バラエティに富んでいて、しかもみんなふつーに良い曲で、これで良いアルバムじゃないわけがない。色んなジャンルがルーツにあるのだろうと思わされるし、そういうのを抜きにしても、躁と鬱をアクロバティックに行き来しつつもキャッチーで良い曲揃い。良い曲良い曲と連呼してるけど、つまりそれだけ良かったんです! それだけ好きなんです!

 というわけでみんな挫・人間の『もょもと』(発音できない)を聴こう。耳の穴かっぽじってでかい音で聴くのがオススメ。

 おわり。