つかずはなれず

特別なことなんて何もないよ

小松未可子『Blooming Maps』

 

Blooming Maps(CD+DVD)(初回限定盤)

Blooming Maps(CD+DVD)(初回限定盤)

 

  清廉なピアノのリフレインが印象的な「また、はじまりの地図」で幕を開ける今作は、全体を通してバンドサウンドによるタイトなリズム感とキラキラした上モノのバランスがとても良い塩梅。それでいて主役はきっちりみかこしの歌というこの素晴らしさよ……。しなやかで凛々しい歌声に、目を閉じれば足取り軽やかに歩く凛とした女性の姿が浮かんできます。


 「また、はじまりの地図」で感じる始まりの予感は「Imagine day, Imagine life!」のイントロ一音目の和音で確信に変わります。ジャカジャーン、文字にすると大変陳腐ですけど、聴く度にここだけで最高にワクワクする。

 この曲は歌詞も良くて、先日の上半期マイベストでも引用しましたが、

《決めるときは問いかけて どれくらい好きなのかを

 その他は気にしなくていい

 自分次第でしょう なるようになると思ってるんだ》

 のフレーズにとても励まされます。「自分次第」「なるようになる」という言葉は使い方を間違うと無責任な言葉になってしまうと思っているのですが、この曲ではポジティヴさを感じさせつつ「軽く」は聴こえてこなくてとても気に入っています。自分もこんな風にありたいとさえ思う。


小松未可子「Imagine day, Imagine life!」トレイラー

 

 その後も「Catch me if you JAZZ」「ランダムメトロノーム」「純真エチュード」と展開していくのですが、聴き始めて浮かんできた像のブレないところがまた良い。基本的にはポジティヴな世界観に時々顔を覗かせる憂いが、前向きさを無理に捻り出したものではなくごく自然なものと感じさせる良いきっかけになっています。
 ところで、シングル曲やリードトラックが大体前半に置かれて後半息切れ、なんてアルバムも時々ありますが、今作のリード曲「HEARTRAIL」は後ろから二番目とそういった隙もなし。上品なストリングスが決して大げさには聴こえないこのバランス感覚、何度も言いますけど本当に最高です。これもまた歌詞が好き。

《強くなりたい

 なりました

 言っちゃえばカンタンだ

 私ならできる筈だよ》

 とか。特になりたい→なりましたのテンポ感がとっても良い。さっきから引用がBメロの歌詞ばっかりですね。


小松未可子「HEARTRAIL」from New Album「Blooming Maps」

 ラストの「my dress code」のマリンバはみかこし本人が演奏しているそうな。むむ?このフレーズ……?と思ったあなたはもう一度最初から聴いてみましょう。そうでなくても何度だって聴けるアルバムだなと思います。

 

 去年のシングルからQ-MHzのプロデュースとなったみかこしですが、個人的に今のところQ-MHzが組んだ中で一番相性が良いのは彼女なんじゃないかなと思っております。すごく良い温度感。「等身大」でありながら「大人かっこかわいさ」も兼ね備えているという最強のアルバムでした。

 おわり。