読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記(2017/2/9)

雑記

 コーヒーを飲んでからしばらくの間、お手洗いにいくたびにコーヒーの香りが立ち上ってきたので本当に参った。Twitterにはさすがに書けないけど、この気持ちをどこかに置いておきたかったのでここに書いておく。

 

 大学の生協で「読書マラソン」というものをやっていたので参加することにした。本を読み、その感想をカードに書いてもっていくとスタンプが押され、それを10個集めると500円分の図書カードがもらえるらしい。感想文の文量はブログで書くには短いけどTwitterよりは長いくらいで、ブログとTwitterの中間くらいの文章を書きたいなーと思っていた俺にとってどんぴしゃの制限かもしれない。好きなことをやったら500円分の図書カードなんてステキすぎるではないか。もっと早くからやっていればよかった! 記念すべき一冊目は村上春樹の『パン屋再襲撃』でした。

パン屋再襲撃 (文春文庫)

パン屋再襲撃 (文春文庫)

 

  タイトルに惹かれて買った本。襲撃したところでたかがパン屋、しかしそれを「再び」襲撃するというタイトルのへんてこさを気に入ってしまった(感想カードにも似たようなことを書いた)。文章も思っていたより好みだった。村上春樹は登場人物が女とすぐ寝るとかなんとか言われるけど、それよりもチーズ・バーガーとか、スーパー・マーケットとか、いちいち・を入れてくるところがすごく気になる。

 

 『寄宿学校のジュリエット』の4巻を買いました。とにかくヒロインのペルシアが可愛いです。この漫画を読んでるときは著しく偏差値が下がっている気がする。あとペルシアとシャル姫の百合もがっつり妄想できそうなんだけど、ペルシアが犬塚にぞっこんで、またそこが可愛いので、余計な妄想はしないでおこうというのが今の俺の気持ち。

寄宿学校のジュリエット(4) (講談社コミックス)

寄宿学校のジュリエット(4) (講談社コミックス)

 

 

 あれだけサブスクリプションのサービスは使わないだろうと思っていたのに、ついにSpotifyをPCにダウンロードしてしまった。使ってみてまず思ったのが、これがあったらレンタルなんかしなくなるよな、ということ。ただ、これも予想していたことだけど、聴きながら別の音楽を探すという、ほんとに音楽を聴いてんだか分かんない状況に陥るなあと。やっぱりCDだとか、始まりと終わりがはっきりしているものっていうのは楽ですね。しかしSpotifyのような存在をすげー便利だと思ったのも事実で、今後はこれを新しい音楽や気になる音楽を探すためのツールとして、YouTubeみたいな使い方をするのだろうと思う。そこで聴いたCloud Nothingsの新譜がむちゃよかった。きのこ帝国はもう少し買わずにおいてもいいかもなぁ、と聴いてみて思ったけど、そんなことを言って結局買わずじまいになってしまいそうだ。

 ここ数日はあとASIAN KUNG-FU GENERATIONの『ファンクラブ』とGOING UNDER GROUNDの『かよわきエナジー』をよく聴いています。GOING UNDER GROUNDについては、バンドリで「グラフティー」「センチメント・エクスプレス」をカバーしてほしいなって思いながら聴いてる。

 おわり。