つかずはなれず

マイペースなかいわれだいこんを目指します

SHISHAMO『SHISHAMO 3』

SHISHAMO 3

SHISHAMO 3

 

  一曲目の「ごめんね、恋心」でフックを交えつつ軽快なスタート。次の「中庭の少女たち」も最高。もうこれだけでありがとうございますごちそうさまですという気分です。そんな今作はトランペットやオルガンを取り入れるなど、前作までに比べて楽曲の幅も広がりカラフルに。それに伴ってか、少女の揺れ動く情緒めいたものをこれまでよりも感じられる気もします。「熱帯夜」がシングルでリリースされた時から3rdアルバムは期待できそうでしたが、まさしく期待通りでした。「女ごころ」から「熱帯夜」の流れがとってもいいですね。リズム隊も以前より堂々としており着実にレベルアップしているなという感じ。

 それにしても、やはり作詞作曲を手掛け自らボーカルを担当する朝子さんはセンスの塊だなと感じます。キャッチーなメロディは相変わらずだし、歌い方も息づかいから声の掠れまで、それぞれがどういう印象を持って聴かれるのかをどこまでも分かっていてやってるはず。それを自然にやってのけ、あざとさを感じさせないというのがまたすごい。

 YouTubeで視聴した時は特別なんとも思わなかった「君とゲレンデ」が、アルバムの流れだと最後にギアを上げる役割としてよく機能していて気持ちよかった。そのまま最後の「みんなのうた」に入るのもグッド。最初と最後が特にいいのでやっぱり通して聴きたい。

 おわり。


SHISHAMO「みんなのうた」