つかずはなれず

マイペースなかいわれだいこんを目指します

雑記(2017/11/15)

 最近歯医者に通っています。治療自体がイヤなのも然ることながら、何度も通っていると治療費がばかにならない。まだしばらく治療は続くし、このお金で一体何冊の本を読みいくつの曲を聴けただろうと考えてしまう。色んな意味で身体は大事にするべきだと痛感する今日このごろ。例えば歯医者なんて、辛い思いをしてさらにお金まで払わなきゃいけないとか、ほんとに意味分からない(けど虫歯を治すためには仕方ない)。

 

   ***

 

 2017年のベストアルバムを考える前に、シングル、アルバム合わせてどれだけ聴いたのか集計してみたところ、お金を払った(配信、フィジカルでの購入とレンタル)ものや人に借りたものが全部で40タイトルあった。今週のユニゾンの新譜を買って、来月尾崎兄ソロアルバムを買って、それで今年はおしまいにしたい。いや、本当は米津玄師とかBase Ball Bearとか買いたいんだけど、歯医者にお金が思ったよりかかってしまっているのと、そもそも卒論書かなきゃいけないのと、卒論提出後に旅行に行ったりするのを考えると、金銭的にも時間的にもそんなに余裕はなさげ。いやでも米津玄師のアルバムを聴かずに2017年を終われるか……? 2017年のみならず、10年代の邦楽を語るなら米津玄師はマストではないだろうか。……と思ったのだけど、2017年の邦楽を語りたくてマイベスト決めてるわけじゃないしね、あくまで自分にとっての2017年だし別にいいよね、と思う部分もあり。でもやっぱこう、これだけはおさえておきたい、おさえておくべきでは、おさえておかねばというある種オタク的な部分が疼いたりもする。ていうか「ピースサイン」をフルできちんと聴きたい。こんなことで悩まずに好きなだけお金を使えるようになりたいぜ。

 話が随分飛んでしまった。ベストアルバムの話に戻ると、上の40タイトルにSpotifyで聴いたものが加わると結構な数になるが、今のところあれでしか聴いていないものは含めない予定。私の感覚ではSpotifyは「試聴」みたいなものなので、それでしか聴いていないものに「マイベスト」なんて付けちゃうのはどうなんだと。あと一ヶ月で考えが変わったら別だけど。あの手の定額サービスにお金を払い出したらまた変わってくるのだと思うけど、今のところその予定はない。

 

   ***

 

 最近は秋山瑞人の『イリヤの空、UFOの夏』を読んでる。2巻までブックオフで見つけて読んで、続きが気になってAmazonでポチった。ライトノベルにおける想像力(というものが仮にあるとして)も、00年頃と最近ではだいぶ違うのだなと感じている。最近のライトノベルは特に、ライトノベルばかりを読んで育った人がそのままライトノベルを書いているような感じ。何かに似ているなと思ったら最近のJ-ROCKもそんな感じだ。少なくとも私はそんな風に認識している。

 

 

 卒論が死ぬほどめんどくさい。というかテーマについて考えるのもう飽きた。飽きるほど考え抜いたのかと言われると頷くことは出来ないけど。今は別の本を読むのが楽しい。プロ倫とか。しかし人文学はなんて楽しいんだろうと思う。役に立たないなんて言われるが、そんなこと言ったら、少々極端だが「お前が生きていることが何の役に立つんだ」という話だ。自分の生や、その受け皿たる社会というものを、そこに浮かび上がる様々な言表をどうにか理解したり、意味付けしたりするために人文学というものがあるのだ。だから「役に立たない」なんて言い方するな。せめて「お金にならない」と言え。

 服用しすぎて毒になってしまう薬を飲み続けるよりも、いつか薬になるかもしれない毒を飲み続けていたい。そんな想いを抱きながら人文学を学んでいる。出来ればもう一年早くそう思うようになっておきたかった。それはそれとして卒論は死ぬほどめんどくさい。

 おわり。