つかずはなれず

マイペースなかいわれだいこんを目指します

2017年10月のこと

 連載というものに憧れている。その月にあったことや考えたことから、あの頃聴いた音楽や最近熱中しているものにまで繋げていくような文章の連載。Twitterのライブ感もとても楽しいのだけど、一方でちょっと立ち止まって一ヶ月を振り返るような文章を書きたいなぁと思った。


 それじゃあやっちゃえ!と書き始めること自体はきっとそんなに難しくないのだけど、それを続けることができるかと言えば別問題である。このブログが完全に不定期更新になっていることからも分かる通り、思い立って行動することは苦手じゃないが大抵同じペースでは続かない。飽きっぽいのかもしれない。

 

 けれど文章を書くこと自体は嫌いじゃないし、思いついたらたったかたっと書いてしまいたいと思う。上手く次の言葉が出ないとすぐそのアイディアを投げ捨てるあたりも堪え性の無さを表しているのだが、それでも気づけばまた文章を書いているのだから、たぶん半分くらいは癖のようなものなんだと思う。
 それについて、最近読んだ恩田陸の『ブラザー・サン シスター・ムーン』という半分くらい自伝的な小説に次のような文章があってすごくしっくりきた。

 

 書くというのは癖だ。やめようにもやめられない、あんまり誉められたものではない、注意されるといっときは直るが、しばらくするとやっぱり出てきてしまう悪癖のようなものだ。

 

 恩田陸じゃないけど、自分の物書き癖もどこかこんなところがある。読み返して下手くそだなぁと思ったり、人に読まれたことをとても恥ずかしく思ったりしても、喉元すぎればなんとやら、気付いたらまた書いてしまっている。そうでなければこんなとりとめもない文章を書かない気がする。喋るのは苦手なくせに不思議な話だ。

ブラザー・サン シスター・ムーン (河出文庫)

ブラザー・サン シスター・ムーン (河出文庫)

 

 

   ***


 連載と言えば、音楽雑誌のMUSICAを読むことが多いのだけど、それに毎月載っているディスクレビューを読むのが楽しい。レビューされるアルバムの枚数も多いし、複数人で同じものをレビューしているので色んな聴き方が分かる。そこで特に信頼しているライターがいて、立ち読みで済ませてしまう時もその人のレビューは探して全部読んでいる気がする。


 その人の何が良いって、音楽に対するセンスが近い気がするのだ。レビューしているアルバムも気になっていたり実際に買ったりしたものが多いし、そうなると知らなかったアルバムも聴いてみたいと思える。


 あとべた褒めばかりじゃないのも良い。個人的に褒めてばかりのライターはあんまり信用していないので。毎回最高傑作とか言われてもなぁと思うのと同じ感覚。つまんないものをつまんないと言う人だからこそ、「良かった」の一言が響くものだと私は思う。個人のブログだったら、べた褒めでも(この人はそういうスタンスなんだな)と思うし楽しく読むけど、音楽雑誌みたいなのでそれは(ちょっとな~、ビジネスっぽいな~)と感じてしまう。

 

 (この人のオススメするものだったら特に触れてみたい)と思える人がいるとTwitterなんかも楽しい。感想が違う時も(あ、そんな風にも見えるんだ、なるほど)と素直に受け入れられる。そういう人を常に探しております。あとクロスレビューとかもいつかしてみたい。

 

   ***

 

 連載とディスクレビューの話をしたついでに個人的な「今月のアルバム」の話もちょっとだけ。今月はミニアルバム含め全部で6枚(6枚も!)買って、どれも外れなしのアルバムだったのだけど、アルバムとしての完成度の高さを特に感じたのはこれ。

20/20(トゥエンティトゥエンティ)

20/20(トゥエンティトゥエンティ)

 

 

 全11曲30分ちょっとのコンパクトさで、ダレることなく心地良い音楽に浸れるナイスなアルバムでした。特に「さよなら!さよなら!」が好きで、ストリングスががっつり取り入れられてるけどそこにいやらしさがないのがすごく素敵。バンドじゃなくソロでやってる分、アルバムを彩る楽器が様々なんですけど、それぞれが仰々しくなく、控えめながらに存在感があるというのが良かったです。

 

 

 さあこれで来月も月末に「今月のアルバム」を書くきっかけが出来た。アルバムを買わなかった月も、その月にたくさん聴いたアルバムを紹介したいなと思ってはいるのだけど、果たしてこれは連載として続いていくのだろうか。乞うご期待……いや期待はしないでおいてください。
 「今年のマイベストアルバム」も考え始めていますが、今年は順位をつけない可能性が高いです。その分それぞれの感想をきちんと書けたら良いんですけど、正直これから卒論で忙しくなる気しかしないのでそれも怪しい。
 来月も書くきっかけが出来たと言ったそばから卒論で忙しくなるとか言ってるけど、ほんとに連載として書く気あるのかなこの人。

 おわり。