つかずはなれず

マイペースなかいわれだいこんを目指します

就活生が選ぶ無人島に持っていきたいアルバム3選

 みなさんいかがお過ごしでしょうか。およそ一ヶ月ぶりの更新です。ワタクシ只今絶賛就活中です。みんなが毎日選考行ったり説明会行ったりしてるのを(すげー)と思いながら見ています。俺もやってないわけじゃないんです。ただ今のところ人より受けてる数が間違いなく少ないので、その分6月入る前に全滅して周りより100歩遅れて振り出しとか、わりと想像するに難くないのでこわい。あ~~~~せめてES通ってくれ~~~~~と思いながら日々過ごしています。

 ていうかもう「俺も混ぜてっ」「いいよっ」みたいなノリで会社に入れてくれないかな。

 

 ところで、ESはボールペンで書いてるので、書き損じると一から書き直しです。なので誤字をするとまじで萎えます。もう全部やめちゃって無人島に行きたくなります。ほとんど沈んでるみたいな無人島行きたい。静かな砂浜で波の音に耳を傾けたい。遠くの入道雲を見たい。怖いくらいに星だらけの夜空を見上げたい。書き損じたESの束で焚き火したい。

 というわけで、息抜きに「無人島に持っていきたいアルバム3選」でも考えてみましょう。

 

 

 スピッツインディゴ地平線

インディゴ地平線

インディゴ地平線

 

  無人島にはもちろん誰もいないし、忙しなく進む日常のことなんて気にしなくていいのです。迫りくるESの締め切り、筆記試験、面接、そんな日程を思い出させるようなBPMの速い曲なんて必要ありません。波打ち際に立ってぼんやり聴いて、靄がかったような音像に夢心地にでもなりましょう。立ち尽くすのに飽きたらあの娘に似合いそうな花でも探しに行きましょう。

 

WeezerWeezer [White Album]』

  陽気なサウンドで元気出していきましょう。歌詞? 言葉なんて気にしなくていいんですよ。だって自分のこととか志望動機とか、そんな説明は無人島にはいりませんから。ただ自分の心の赴くままに、身体の求めるままに、音に合わせて踊ればいいのです。でもメロディがなんだか切なくて、ちょっと泣けてきちゃいますね。それもまた趣があるということで。

 

さよなら、また今度ね『夕方ヘアースタイル』

夕方ヘアースタイル

夕方ヘアースタイル

 

  白い砂浜、駆け回りたくないですか。頭の中のあの娘と一緒に水、かけ合いたくないですか。妄想と一緒に無人島一周、したくないですか。例えその足取りがいなたいバンドサウンドみたいにヘロヘロだって良いんですよ、想像の自分は素敵な一言であの娘も御社の人事もメロメロですから。放課後の教室を真っ赤に染めるような夕日が水平線に沈むのを見ながら歯の浮くような台詞でも考えましょうか。

 

 

 無人島に持っていくアルバムをやっとこさ選び終えたところで、そろそろ帰らなくてはいけないみたいです。俺もいつまでも現実逃避してるわけにはいきません。座り込んで嘆くばかりでは前には進めませんから。上手くいったら儲けもの、と思ってやるだけやってみますよ俺は。
 「昨日まで選ばれなかった僕らでも 明日を持ってる」んですから。


ハイブリッドレインボウ/the pillows

 おわり。