つかずはなれず

マイペースなかいわれだいこんを目指します

TRICERATOPS『THE GREAT SKELETON'S MUSIC GUIDE BOOK』

 

THE GREAT SKELETON'S MUSIC GUIDE BOOK

THE GREAT SKELETON'S MUSIC GUIDE BOOK

 

 1998年リリースの2ndアルバム。

 やたらにロマンチックな歌詞と甘い歌声、シナジーとしては抜群だけど俺は苦手だ……と初めて聴いたときに思って以来、このCDは棚の隅でインテリアと化していた。けれどTRICERATOPSと、彼らに影響を受けたというUNISON SQUARE GARDENの対バンの話をTwitterで見て、そういえば、と久しぶりに引っ張り出してみたところ、存外聴けてしまった。この歌声を好きかどうかと言われたらやっぱり、別に、と答えるけど。じゃあなんで聴いてるのかと言われたら、メロディが耳に残ってしまったから、そしてバンドのアンサンブルが知ってるバンドと少し違っていて面白いから、である。

 

 スリーピースバンドとなるとやはりリズム隊の働きが重要になってくるが、少なくともこのアルバムにおいてベースの在り方は非常に独特だと思う(TRICERATOPSの他のアルバムを知らないのでこの作品の話に限らせてもらう)。派手に動き回るわけではなく、かと言ってボトムを支えることに徹するのでもなく、楽曲を完成させるために必要な仕事を適宜やっている、そんなクレバーな印象を受ける。リフ一つ取っても、楽曲の中でただベースとして主張するのではなく、楽曲に自然とベースが溶け込んでいる。ドラムも同様だ。テクニカルなバンドに比べると手数も少なくおとなしいように思えるが、楽曲全体で聴いた時のスキの無さというのはこのリズム隊のスキの無さとイコールで結べるのではないだろうか。シンプルだがソツがない。多少地味ではあるが。先日対バンしたUNISON SQUARE GARDENとは同じスリーピースバンドなのにスタイルが真逆すぎて俺にはとても面白く思える。

 

それとギターソロがかなり良い。特にテクニカルには聴こえないが、堅実なアンサンブルの上で時に熱く、時にクールに鳴るギターは洗練されていて非常にメロディアスだ。このギターソロがあることで、メロディの良さがまた際立ってくる。

 

 先も書いた通りどちらかと言えば地味なアルバムという印象は否めないが、このバンドサウンドは一言「シンプル」で言い表すには勿体無いほど聴き応えのあるものだと思う。そしてそれは歌に重きを置き、歌に寄り添い、その良さを十二分に引き出すものなのだ。そんな、歌のためのバンドサウンドという点では、先ほどスタイルが真逆と書いたUNISON SQUARE GARDENと実は同じというのがこれまた面白いなぁと俺は思うのでありました。
 おわり。