読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セルアウト禅問答

  アルバムを通して聴いていると、たまに曲が始まった時バチッと何かが弾ける感覚がして、それを感じる度にアルバムの曲順に聴くのって楽しいなと思います。というのもその感覚はアルバム順に聴かないとなかなか味わえないものなんですよね。それまで特に何とも思ってなかったアルバムでもたまに聴いた時にそういうことがあるから、一回ぽっきり聴いておしまいというのはもったいないし時間を置いたらまた聴きたいなと思うのですが、CDを買ったり借りたりするたびに、新しいアルバムを聴く代わりに聴かないアルバムも増えてくんですよね……(と言いながら次に借りるアルバムを考えている)。影分身したい。

 

テレポート・ミュージック

テレポート・ミュージック

 

  自意識を拗らせた愛とルサンチマンのパンクミュージック。パンクにかぎらず色々やってます。最近バンドを気に入るときに「特に歌詞が好き」って思うことがほとんどないのですが、挫・人間は珍しく歌詞も気に入ったパターン。切実に響く歌詞は、つまりはこれが彼の等身大なのだろうと思わされます。《俺はつまり天使だったんだ》というフレーズもそれに違いません。

 

幕の内ISM (通常盤)

幕の内ISM (通常盤)

 

   ボーカルのハイトーンボイスと変幻自在の楽曲は相対性理論を思い出す人も多いでしょうが、こちらの方がより外に開かれているような印象があります。どこをとってもハイクオリティ。聴いたことのあるパスピエのアルバムだとこれが一番好きかも。

 

The Vanishing Bride (通常盤)

The Vanishing Bride (通常盤)

 

  欠点らしい欠点も見当たらない優等生なバンドって感じがしました。バイオリンも変に浮いたりバンドサウンドに隠れたりしないバランス感覚。しかし良い/悪いと好き/嫌いは関係ないんですよね、と思いつつ何度か聴いてたら気に入りそうでもある。

 

 おわり。