読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UNISON SQUARE GARDEN「UNICITY Vol.1.5」@なんばHatch

ライブレポート

 2016/4/28、我らがUNISON SQUARE GARDENのオフィシャルファンクラブ「UNICITY」会員限定ライブツアー「UNICITY Vol.1.5」大阪公演に行ってまいりました。今年の7月に新アルバムのリリースを控え、夏フェスへの出演も決まっている彼らの姿を一足先に拝めるということで、ファンクラブさまさまでございます。とはいえFC限定ライブですから、こちらとしてはいわばボーナスステージみたいな感覚、彼らとしてもそんな感じだったのでしょう、肩肘張らずにリラックスした3人が見られました。

 

 ライブは定刻より5~10分ほど遅れて開演。普段のイズミカワソラの「絵の具」とは違う、明るいJ-POPが流れだし、観客の手拍子の中3人が登場すると、「セク x カラ x シソンズール」からライブはスタート。サビ前のシンガロングに、客を煽りはせずともどこか満足気な斎藤さんでした。そのまま「何かが変わりそう」「サイレンインザスパイ」「フルカラープログラム」と新旧織り交ぜながら立て続けに演奏。2曲目から「何かが変わりそう」を演るあたり、普段とはちょっと違うなと思わされます。

 MCではシングル曲は一曲しかやらないと宣言、「さよならサマータイムマシン」を演ったあと、「夜が揺れている」「僕は君になりたい」を披露。まさかそこを突いてくるとは思わなかった。どっちも生で聴くことはないだろうと思っていたので嬉しい。特に「夜が揺れている」はほんとに予想外でした。ちょっとぽかんとした人もいるかも?

 そして、次もFC限定ライブならではのカバーを披露。斎藤さんはaikoの「花火」、田淵さんは樋口了一「1/6夢旅人2002」、貴雄さんはRIZE「why I'm Me」でした。斎藤さんの女性ボーカルのカバーはすげえなと思いつつ「そりゃできるだろうな」と思ったのですが、続く二人のカバーにはびっくりしました。田淵さん普通にボーカルできるやんうまいやん。田淵さんのボーカルはちょっとだけV系っぽい感じがしました、ほんのちょっとだけ。斎藤さんがコーラスに徹するというのもレアですね。貴雄さんもドラム叩きながらようあんだけ歌えるな。斎藤さんは「why I'm Me」の時のみギターを稲妻型のものに持ち替えており、3人ともとても楽しそうに演奏してました。演奏だけでなく歌も歌えて、改めて何なんだこの人達って思わされた次第。

 次のMCでは7月に新譜をリリースすることに触れて「パンデミックサドンデス」へ。プログラムcontinuedツアーでも聴きましたがやっぱりかっこいいです、カオティック! 「シグナルABC」もなかなかコアなところでしたが、「シュガーソングとビターステップ」のカップリングだったこともあり他のカップリング曲より歓声も大きかった気がします。田淵さんがベース振り回しながら弾いて斎藤さんに激突しそうになってた「シャンデリア・ワルツ」では一際大きな歓声とジャンプ、続く唯一のシングル曲「シュガーソングとビターステップ」でもますます大きな歓声とやっぱりジャンプ、そうして会場の熱気もピークに達したところを「ラブソングは突然に ~What is the name of that mystery?~」で本編フィニッシュでした。カップリングで始まりカップリングで終わるなんて最高ですね。こんな時くらいしかそんなことできないのでは。

 アンコールではまず再び新譜から「オトノバ中間試験」を披露。Aメロの最後のほうかBメロかのメロディが最高すぎて思わず笑っちゃいました。こちらを指差す田淵さんが可愛かった。そして最後の最後は「徹頭徹尾夜な夜なドライブ」。アンコールのラストだろうと足上げて暴れる田淵さんこわかった(褒め言葉)。ドラムソロなし、全17曲とユニゾンのワンマンにしては腹八分なボリュームでしたが楽しかった。これくらいが疲れすぎなくて丁度良いかもしれない。

 

 今回彼らはシングル曲を一曲しか演らなかったわけですけど、真新しさがありつつもいつも通りのユニゾンだなという感じでした。それも、「フルカラープログラム」「シャンデリア・ワルツ」「徹頭徹尾夜な夜なドライブ」とか普通にやってたからでしょうね。今日は演らなかった「ガリレオのショーケース」「場違いハミングバード」や「天国と地獄」も定番ですがシングル曲じゃないし、普段のライブでもシングル曲ばかりに頼っていないんだということが実感できた気がします。大体の曲を把握してちょいちょいライブに参加してるからこう思うだけかもしれませんけど。

 

 ちなみにライブ序盤のレポートが薄いのは整理番号が早かったのでせっかくだからと前の方に行ってもみくちゃにされていたからです。人の流れに身を任せてみたら逆に楽なんだなとか色々発見がありましたけど、あっついし呼吸しづらいしで疲れたので、結局ちょっとずつ後退して「夜が揺れている」からは完全に後ろに下がって見ておりました。自分は真ん中~ちょっと後ろで安全に眺めてるのが一番性に合ってるみたいです。

 

 あと現時点で「シュガーソングとビターステップ」「パンデミックサドンデス」「オトノバ中間試験」が次のアルバムに収録されることが分かっているわけですが、この3曲が収録されるアルバムがしょーもないものになるとは到底思えないので6thアルバム「Dr. Izzy」大変期待しております。個人的には「オトノバ中間試験」がすごい好み。

 おわり。

 

 セットリスト

1.セク x カラ x シソンズール

2.何かが変わりそう

3.サイレンインザスパ

4.フルカラープログラム

5.さよならサマータイムマシン

6.夜が揺れている

7.僕は君になりたい

8.花火(aiko)

9.1/6夢旅人2002(樋口了一

10.why I'm Me(RIZE

11.パンデミックサドンデス

12.シグナルABC

13.シャンデリア・ワルツ

14.シュガーソングとビターステップ

15.ラブソングは突然に ~What is the name of that mystery?~

encore

16.オトノバ中間試験

17.徹頭徹尾夜な夜なドライブ