読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近のこと(2016/3/18)

雑記

 最近という言葉は非常に便利かつ曖昧なものでして、半年前も二日前も最近って言えちゃうわけです。しかし全部を最近と言うと、今から半年前までの距離と二日前までの距離が同じになっちゃう気がします。もちろん文脈もあるでしょうけど。久しぶりに会った人に「最近どう?」って聞かれたらたぶん「前に会って以来どう?」ってことでしょうし、十年くらい前のことを考えたら半年前はおろか一年前ってのも最近じゃないですか? でもそういうの全部を最近で片付けてしまうのは些か味気ない。

 というわけで、せめてブログでくらいはその最近がいつ頃のことか明らかにしてから話そうと思いました、今回はここ一週間くらいのことです。と言っても別に特別なことが起きたわけではなくて、その間に聴いたCDや観た映画などの感想をちょっと書くだけなんですけど。

Up the Bracket

Up the Bracket

 

  もともとandymoriが和製リバティーンズって言われてるのは知っていて、リバティーンズってどんななんやろと思って聴いてみたのですがとってもかっこよかった。特別飾ることもない素朴で剥き出しのロックンロール、確かにandymoriが和製リバティーンズって言われるのも分かるなって思います。「The Boy Looked At Johnny」のサビどこかで聴いたことある気がする。

e'tuis(初回限定盤)(DVD付)

e'tuis(初回限定盤)(DVD付)

 

  みかこし聴いてみようと思ったきっかけはQ-MHzですね。低音~中音が少し強く輪郭のはっきりしたボーカルに惹かれました。普段はアニソンもギターロック系を好んで聴くのですが、このアルバムは打ち込みが多く落ち着いた雰囲気。でもわりと気に入ってます。音割れがもったいない。ていうかメジャーレーベルのCDで音割れって演出でもない限りまずあり得ないと思ってたんですけど。「Sail away」がとても良い。

 


『バレエボーイズ』映画オリジナル予告編

  映画「バレエボーイズ」を観ました。バレエダンサーを目指す3人の少年を追ったドキュメンタリー映画です。ティーンズが仲良くしてる画とかとってもニヤニy……じゃない、こう、ほっこりしません? 男の子が更衣室で駄弁ってるなんて青春そのものですよね。一番気に入ってるのはそこです。あとドキュメンタリーとは思えない映像も良い。彼らのその後がとても気になります。

  で、「バレエボーイズ」を観てから(バレエ……踊り……ダンス……)と考えてたら買ってた。すっごく面白いです。いいテンポで、でも読者を置き去りにすること無く話が進みます。大学のダンス部/サークルじゃなくて高校の部活ってのがジャンプっぽくていいですね。頑張れ少年少女って感じです。今度続き買おう。

 

はたらく魔王さま! (電撃文庫)

はたらく魔王さま! (電撃文庫)

 

  先月テレビを買ってアニメをよく見るようになって以来、俺の中でラノベバイバルが起きています(高校時代よく読んでた)。キャラクターが「僕/私ラノベのキャラです!」って主張してくるのはどのラノベも一緒なんだなと思いますがそれはともかく。魔王が日本でバイトしてるって設定面白いですね。異世界からやってきた魔王達が日本での生活に徐々に慣れていく様をもっと描いてくれたらとってもよかったなと思います。なのでそういう描写のある序盤が一番好き。どこまで読むかは分かりませんがとりあえず2巻買ってきました。

 

 そんな感じです。洋楽って聞くといつも90年代とかそれ以前だと思ってしまうので、リバティーンズのあのアルバムが2002年のものだと知って俺はたまげました(上のはなぜか2005年発売になってるけど)。あ、でもアークティック・モンキーズの1stも2006年なのか……もう10年前!?

 おわり。


Arctic Monkeys - When The Sun Goes Down