つかずはなれず

特別なことなんて何もないよ

内田真礼『PENKI』

 

《エスコート(きゃ)お願いね(やった)》

俺「やったあ!!!!!!!!!!」

 というわけです(どういうわけだ)。昔からアニソンが好きな俺(最近はアニメほとんど見てないけど)がこのアルバムを好きにならないわけがなかった。これぞクールジャパンですよクールジャパン。

 たった69秒という短さに彼女の魅力をぎっちり詰め込んだ「Hello, 1st contact!」からこのアルバムは始まるのだけど、《はじめます》の一言で礼儀正しく始まったかと思えば、この曲が終わる頃には《おまちどうさま!》とこの1分でいつの間にか彼女のターンに。その後シームレスで始まる「ギミー!レボリューション」がアルバムの方向性を示しつつ「Hello, 1st contact!」からの勢いを加速させていきます。UNISON SQUARE GARDEN田淵智也がこの2曲と最後の曲である「Hello, future contact!」の計3曲に携わっていることが、俺がこのアルバムを聴くきっかけになったのですが、アルバムの序盤から聴き手を一気に引き込む手法はここでも健在でしたね。また「からっぽカプセル」「Winter has come」などのキュートさから「North child」「創傷イノセンス」といったクールな面、「わたしのステージ」で見せる素の部分まで、曲中に台詞を交えつつこのキャラクターの振れ幅はさすが声優といったところ。癖がなく聴きやすいボーカルもグッドです。あと声が可愛い。

 おわり。


内田真礼2ndシングル「ギミー!レボリューション」ミュージックビデオ