つかずはなれず

特別なことなんて何もないよ

小松未可子『Blooming Maps』

 

Blooming Maps(CD+DVD)(初回限定盤)

Blooming Maps(CD+DVD)(初回限定盤)

 

  清廉なピアノのリフレインが印象的な「また、はじまりの地図」で幕を開ける今作は、全体を通してバンドサウンドによるタイトなリズム感とキラキラした上モノのバランスがとても良い塩梅。それでいて主役はきっちりみかこしの歌というこの素晴らしさよ……。しなやかで凛々しい歌声に、目を閉じれば足取り軽やかに歩く凛とした女性の姿が浮かんできます。


 「また、はじまりの地図」で感じる始まりの予感は「Imagine day, Imagine life!」のイントロ一音目の和音で確信に変わります。ジャカジャーン、文字にすると大変陳腐ですけど、聴く度にここだけで最高にワクワクする。

 この曲は歌詞も良くて、先日の上半期マイベストでも引用しましたが、

《決めるときは問いかけて どれくらい好きなのかを

 その他は気にしなくていい

 自分次第でしょう なるようになると思ってるんだ》

 のフレーズにとても励まされます。「自分次第」「なるようになる」という言葉は使い方を間違うと無責任な言葉になってしまうと思っているのですが、この曲ではポジティヴさを感じさせつつ「軽く」は聴こえてこなくてとても気に入っています。自分もこんな風にありたいとさえ思う。


小松未可子「Imagine day, Imagine life!」トレイラー

 

 その後も「Catch me if you JAZZ」「ランダムメトロノーム」「純真エチュード」と展開していくのですが、聴き始めて浮かんできた像のブレないところがまた良い。基本的にはポジティヴな世界観に時々顔を覗かせる憂いが、前向きさを無理に捻り出したものではなくごく自然なものと感じさせる良いきっかけになっています。
 ところで、シングル曲やリードトラックが大体前半に置かれて後半息切れ、なんてアルバムも時々ありますが、今作のリード曲「HEARTRAIL」は後ろから二番目とそういった隙もなし。上品なストリングスが決して大げさには聴こえないこのバランス感覚、何度も言いますけど本当に最高です。これもまた歌詞が好き。

《強くなりたい

 なりました

 言っちゃえばカンタンだ

 私ならできる筈だよ》

 とか。特になりたい→なりましたのテンポ感がとっても良い。さっきから引用がBメロの歌詞ばっかりですね。


小松未可子「HEARTRAIL」from New Album「Blooming Maps」

 ラストの「my dress code」のマリンバはみかこし本人が演奏しているそうな。むむ?このフレーズ……?と思ったあなたはもう一度最初から聴いてみましょう。そうでなくても何度だって聴けるアルバムだなと思います。

 

 去年のシングルからQ-MHzのプロデュースとなったみかこしですが、個人的に今のところQ-MHzが組んだ中で一番相性が良いのは彼女なんじゃないかなと思っております。すごく良い温度感。「等身大」でありながら「大人かっこかわいさ」も兼ね備えているという最強のアルバムでした。

 おわり。

2017年上半期マイベストアルバム5選

 2017年も半年が過ぎました。5月6月は特にあっという間でした。というわけで(どういうわけで?)上半期に聴いた音楽のまとめです。

 

 5位 アンテナ『天国なんて全部嘘さ』

天国なんて全部嘘さ

天国なんて全部嘘さ

 

 前作よりアンテナというバンドの個性が伝わってくるようになり、歌モノとしてもぐっと良くなった。特にリード曲「天国なんて全部嘘さ」がとても良い。シンセを取り入れたのは英断だと思います。

 

 4位 SAKANAMON『cue』

cue

cue

 

  就活で上手くいかないなぁと思った時によく聴いてた。

《ちゃんと報われたい 最早失敗すらしたいよ》

なんて歌詞のまあ刺さること刺さること。ミニアルバムということでぎゅっと詰まった感じがします。

 

 3位 the pillows『NOOK IN THE BRAIN』

NOOK IN THE BRAIN (初回限定盤(CD+DVD))

NOOK IN THE BRAIN (初回限定盤(CD+DVD))

 

  オルタナ万歳!

 

 2位 Brian the Sun『パトスとエートス

パトスとエートス(初回生産限定盤)(DVD付)

パトスとエートス(初回生産限定盤)(DVD付)

 

  「2017年」感というものが仮にあるとして、このアルバムからはそういうものを一切感じないのだけど、だからこそ何時でも聴けたんだろうなと思います。時代を問わず聴ける普遍性があります。

 

 1位 小松未可子『Blooming Maps』

Blooming Maps(CD+DVD)(初回限定盤)

Blooming Maps(CD+DVD)(初回限定盤)

 

  1位は問答無用でこの一枚でした。8月に大阪でやるライブもチケットとれたので行きます。アルバムの感想ですが、通して聴いた時に立ち現れる凛とした、それでいてどこか可愛らしい女性像にキュンとします。それにしても、「Imagine day, Imagine life!」の

《決める時は問いかけて どれくらい好きなのかを 

 その他は気にしなくていい

 自分次第でしょう なるようになると思っているんだ》

という歌詞にどれだけ励まされたことか……。

 

 そもそもこの上半期はあんまり聴いていないので選びようもなかった。ねごとの『ETERNALBEAT』とか内田真礼の『Drive-in Theater』とかもよく聴いたんだけど、マイベストって言われて上げたかったのはこの5枚ですかね。花澤香菜の『Opportunity』はレンタルで済ませたんですけど、買ったらもっとたくさん聴く気がします。あとはまあ、自分は結局ガチャガチャした音楽が好きなんだなと。

 以前から書いているようにSpotifyを導入したりもしたのですが、やっぱり自分で買わないと「自分の音楽を聴いてる」感が薄くていまいち入り込めないんだなぁと気付きました。もちろん個人差はありましょう。

 上半期の自分の生活についてはまた今度書こうと思うので、その時に音楽についてももう少し書くかもしれません。今回はこのへんで。

 おわり。

雑記(2017/6/6)

 お久しぶりです。みなさんいかがお過ごしですか。私は焼肉が食べたいです。就活は終わってません。まあなるようになります。と信じていたい。

 

 もう6月ということで上半期ベストをぼちぼち考えたいなと思っています。去年のこの時期は順位つけませんでしたが、今回は順位つけようかなと。俺はこの時期これが特に好きだったよ、という記録を残そうか、と思ったのが順位を付ける理由です。まあそもそも購入・レンタルを合わせても十数枚しか聴いてないので大したランキングにはなりませんけどね。Spotifyでいくつか聴きましたけど、個人的にアレだとアルバムを通して評価できるほど聴かないんですよね。なので買ったものの内5枚くらい選んでランキングにでもしようかなーと今は考えています。まあ書いてからのお楽しみです。もしかするとこの話自体なかったことにするかもしれませんしね。全ては就活次第です。神の味噌汁。間違った、神のみぞ知る。

 

 最近ころあずの「DEAREST DROP」をよく聴いています。LiSAみたいな曲よりこういう水樹奈々的な、ヒロイックなアニソンの方が似合うんちゃうかなと思ったり。一方この手の曲は「歌いこなせれば誰でもいい」になりがちかもしれないので、連発できるものではないのかも。それこそ水樹奈々みたいな圧倒的なモノがあれば違いますけど。まあなんだかんだ言いましたけどむちゃくちゃかっこいいと思いますこの曲。サビ始まり、ラウドロックなギターを挟んできらびやかなストリングスのイントロに由緒正しきアニソンらしさを感じます。個人的にはBメロの階段のように上がって下がるメロディが好みです。それと歌の裏で鳴ってるベースがやたらヘヴィなのも面白いっすね。10月中にまたアルバム出すみたいなので楽しみです。


田所あずさ 「DEAREST DROP」 MV Full Size

 

 あと東山奈央の「イマココ」。ていうかこれはアニメ『月がきれい』が最高すぎるのでまずそれを見てください。そうすればこの曲の良さも十二分に分かるはずです。初恋の胸の高鳴り、作中で出てくるお囃子を同時に連想させるリズムがたまらんですよ。そんでCメロの《行け 行け 行け 今/行け 行け 行け 行け》、ここ、中学生の恋愛って感じしませんか。最高ですね。エンディングはまだ買ってないのですがアニメ終わるまでには買いたい。やっぱりまずは『月がきれい』を見てください。あのカップルをニヤニヤ眺めながらヒヤヒヤしてください。上位カーストの子らが安曇くんをいじめたりはしなさそうなのでひとまず安心ですが、それにしたって二人とも言葉が絶妙に足りてないのでやっぱりハラハラヒヤヒヤします。それでもその後安曇くんが行動で補ってくれるのでホッとできると言えばできるのですが。毎回(安曇くんはいい男になるぞ……!)と思っています。なるっていうかもういい男ですね。女々しそうに見えて自分から手を握ったりきちんと付き合ってることを主張したりね。俺は彼に惚れています。個人的に今期はこれだけ見てればオッケーです。『エロマンガ先生』? カットがいちいちエロいおっさんの視線でしかねえなと思いながら見ています。これはこれで深夜アニメ感を存分に感じられて趣深いですよね。主題歌好きです。でも『月がきれい』ですよやっぱり。死ぬほど推しています。肝心なところで太宰治夏目漱石かあやふやになってる場面が中学生っぽくて好きでした。


東山奈央 「イマココ(TVアニメ「月がきれい」OPテーマ)」Music Video(2Chorus)

 

 今期のアニメと言えばヒロアカ2期を忘れていました。ああいう形で家族出すのはとても卑怯だと思います。最近は毎週泣いています。新刊も読みました。キャラクターがまたたくさん出てきたので今まで出てきたキャラクターとどう絡むか楽しみですね。梅雨ちゃんや耳郎にもっと活躍して欲しいです。そういえばヒロアカのキャラクターをカップリング的な目で今まで見てきてなくて、最近それを踏まえて読み直してみたんですけど、デクくん総受けすぎませんかね。しかも感情が昂ぶると口が悪くなるとか、受けかと思ってたら攻め始めるパターンもあり得るわけで。可能性に溢れてますね。流石ナンバーワンヒーローに見初められた男は違いますね。個人的には上鳴×耳郎と尾白×葉隠が気になっています。葉隠、相手に自分の表情見えないことを少し切なく思ったり、でも恥ずかしさで顔真っ赤にしてるのを見られずに済んでホッとしたりしそう。耳郎は上鳴のことアホだなと思いながらもその騒がしさがちょうど良かったりしろ。

 こういう妄想力を活かせる仕事に就きたいです(クソ真面目な顔)

 おわり。