Roseliaと“はじまり”の歌〜Roselia『R』を読み解く〜

 

R(Blu-ray付生産限定盤)

R(Blu-ray付生産限定盤)

 

  バンドリガルパが2018年のオタクコンテンツにおいて非常に重要な位置を占めていることは言を俟たない(超個人的主観)。バンドリガルパ、知らない方のために一応説明すると、5人×5バンドのガールズバンドが二つの高校と地域の商店街を舞台にバンドをしながら高校生活を送るゲームであります。プレイヤーは一応ライブハウスの新人スタッフとして25人のキャラクターと先輩スタッフ1人と交流していくのだが、基本的に空気で、ストーリーはキャラクターの関係性を描くことに特化し、季節ごとのイベントや誕生日イベントもプレイヤーほっといてキャラクター同士で仲良くやっている始末。たった1人の性別不明性格不詳のどこの馬の骨とも分からん新人スタッフなんぞに媚びを売るより仲の良い友人同士でつるむ方が当たり前でありリアルである。いいぞもっとやれ。ちなみに関係性オタクの1人である私は二次創作で彼女らを付き合わせたり泣かせたりしている。邪悪である。

 そんな(どんな?)コンテンツであるバンドリガルパ、ゲームのジャンルとしてはリズムゲーであるので、プレイできる曲がたくさんあるのだが……そのどれもがかなり気合の入った作り方をされている。キャラソン的なキャッチーさがありつつ、バンド感も持たせつつ、バンドごとの個性を歌だけでなく曲全体のアレンジからも感じさせる。こだわり抜かれた曲ばかりだ。なんかネットサーフィンしててギターの音が聞こえねえなどとほざいている記事をどこかで見た覚えがあるがお前の耳は飾りか? それか使ってるスピーカーが壊れてるんじゃない?

 登場するバンドは5バンドあるのだが、そのどれもが個性的なバンドである。そのうち特にラウドな音で聴く者の耳を捉えて離さないのが、今回ニューシングルをリリースしたRoseliaである(クソ長い前置き終わり)。

 

 今年5月にアルバムをリリースしたばかりのRoseliaが放つ今回のシングルは、いわばRoseliaの“第二章”である。Roseliaは声優でありながら実際に楽器を演奏しライブをしてきた、れっきとした“バンド”であるが、そこでベースと今井リサ役を担当していた遠藤ゆりかさんが先日声優活動を引退してしまい、中島由貴さんがそれを引き継ぐことになった。

 そんな彼女らの新曲「R」は、印象的なベースのフレーズから始まる。ベーシストが次に託されたこと、“第二章”の始まり、そんなことを感じさせる一方で、そこで歌われるのは彼女らの永遠──《未来永劫 咲き誇るのよ》──、つまり、メンバーが変わろうが、何が起ころうが、RoseliaRoseliaなのだ。

 カップリングは二曲。「BLACK SHOUT」はRoseliaのファーストシングル表題曲。「Neo-Aspect」はファーストアルバム『Anfang』のリードトラック。どちらもRoseliaというバンドの“はじまり”を語る上で欠かせない曲であり、それをこの“第二章”シングルにリマスターver.として収録するあたりもまた、運営側のこだわりを感じさせる。「Roseliaの“はじまり”を感じろ」と、そういうことだろう。

 メンバーがどうのと、リアルの面でのRoseliaにばかり着目してきたが、作品内でのRoseliaについても触れたい。バンドストーリー第一章にて、音楽界の頂点を目指し、湊友希那の(言ってしまえば)ワンマンバンドとして結成されたRoseliaは、やがて固い絆で結ばれるようになっていく。先日公開されたバンドストーリーの第二章では、その結束が解けそうになったところを、メンバー全員がそれぞれの想いを本気でぶつけ合うことで、彼女らは再び分かり合い、認め合い、新たなRoseliaとして生まれ変わった。Roseliaはそのときもう一度“はじまった”のだ。

 「BLACK SHOUT」、「Neo-Aspect」はそれぞれ、バンドストーリーの第一章、第二章にリンクする。

 つまり、この『R』というシングルに刻まれた“はじまり”は、一枚目のシングル、一枚目のアルバム、といった外側の情報だけでなく、作品の中にある物語・文脈にも沿っているのだ。ゲームをプレイすれば誰でも知ることのできる、揺るがしようのない“物語”がある。

 それを踏まえて表題曲「R」を聴くとき、最後の歌詞に我々は涙を禁じ得ない。

 《絆の薔薇よ 美しく(華ひらくとき)

 私たちのモノガタリが(また始まるの…)》

 幾度の困難を乗り越え、“彼女ら”は“物語”を紡いでいく。これはそんな物語の新たな“はじまり”を告げる歌なのだ。

 

 それでは最後に、私の大好きな動画を貼ってお別れとしたい。


Roselia 「Neo Aspect」 MV (Paint Ver)

 

 おわり。

2018年マイベストソング10選

 2018年マイベストソング10選です。今月からSpotifyを有料会員として利用し始めたので、Spotifyで聴ける曲で選んでみました。ほんとはプレイリストつくって貼っ付けたかったのですが、以前登録したときに本名で作ってしまい、しかもアカウント名を変更できないということなので諦めました。一曲ずつSpotifyのリンクを載せています。

 曲だけにするとアルバムでやるよりラクですね、アルバムだとなんていうか「この曲はたくさん聴いたけどこっちはそんなにだな……総合的に判断しなきゃな……」とかいろいろ考えてしまうのですが、曲だと「わ~いこれたくさん聴いた~」と選べるので。

 

1.ゆら・ゆらRing-Dong-Dance/Pastel*Palettes

open.spotify.com

 スマホゲーム『バンドリ!ガールズバンドパーティ』のバンドの一つPastel*Palettesの2ndシングル表題曲。

 4つ打ちでどキャッチーなメロディとくればその時点で強いのですが、一時期のマイブームにならず半年聴き続けたのは楽器隊もいいからかなと思います。ベースラインがわりと動くのが聴いていて気持ちいいのと、目立っているわけではないですがギターがすごくいい。イントロ・アウトロのシンセ?の裏で鳴っているギターに耳を傾けて聴いてみてほしいです。

 余談ですがこちら最高のちさ×あやソングで、安易に《Love you》とせず《Like you》とすることで含みをもたせるところとか本当に分かっている。バンドリ!は公式からの供給が本当にすごい。

 

2.first song (at the terminal)/cinema staff

open.spotify.com

 cinema staff×アルカラのスプリットシングルからcinema staffの曲をば。

 イントロからいきなりの変拍子、美しいメロディ、エモい歌詞とcinema staffの真骨頂がこれでもかとばかりに詰め込まれた一曲。変拍子を「変拍子やってま~~~す」とドヤ顔せずに澄ました表情でこなしてる感じがかっこいい。

 

3.FREAKS & GEEKS/ナードマグネット

open.spotify.com

 両A面シングルの片方。

 ほとんど一つのリフで構成された3分弱に託される冴えない僕たちの歌。ナードマグネットはどんどん音が分厚くなってかっこよくなってきていると思います。ギターソロ前のセクションに攻めの姿勢を感じる。聴いとくなら今のうち。

 

4.Easy Go/エレファントカシマシ

open.spotify.com

 パワフルすぎてビビるんですが宮本浩次ってもう50歳くらいなんですよね……? どこにこんなエネルギーがあるんだ。社会人になって、今までとは違うことで落ち込んだりもするのですがこれを聴くと、非常に安直な言い方ですが、元気が出ます。

 

5.WANTED GIRL/TrySail

open.spotify.com

 もちょかわいい、なんすかわいい、天ちゃんかわいい。

 高校生の頃ハヤシケイという人をボカロで知ってよく聴いていたのですが、ここに来て彼がTrySailに曲を提供しているの、点と点が線で結ばれたなぁという気持ちになります。運命ってほど大げさじゃないけど、ここで繋がるのかと感慨深い感じ。

 

6.SILENT VOICES/温泉むすめ SPRiNGS

open.spotify.com

 温泉むすめ自体は全く知らないのですが、SNSで教えてもらい聴いてみて(なんじゃこりゃ~~~~~)とどハマりました。Kalafinaばりのハモりをやってるんですけど、一方で声質や歌い方がバラバラで、そのアンバランスさがすごくクセになります。

 

7. SYULOVER/SAKANAMON

open.spotify.com

 SAKANAMONの5thフルアルバムから、ゲストにCzecho No Republicからタカハシマイと東京カランコロンからせんせいを招いた曲です。

 ダンサブルなビートに乗る男の妄想ソング。複数人ボーカルの掛け合いって聴いてて楽しいですよね。わりと情報量が多く濃密な曲なんですが3分ないのであっという間。

 藤森さんが楽しそうでなにより。

 

8.ODD FUTURE/UVERworld

open.spotify.com

 UVERworld、そんなに聴いてこなかったんですがこの曲はすげーかっこいいなと思います。しかしこの手の曲に対する語彙力を持ってないのでチャラいとかしか出てこない。

 ヒロアカには正直合ってないなと思ってるんですけどネ。

 

9.品がねえ 萎え/挫・人間

open.spotify.com

 どんどんやり方がフリーダムになっていく挫・人間。なんていうか、思っていることと好きなものとを悪魔合体させた感じですごくインターネットっぽい曲だなと思います。《優しい奴はヤバい性癖を持っている》《少年ジャンプを読む中年 大人達はっていうのめっちゃ怖え》とかなかなかのパンチラインばかりです。

 

10.エニウェア/ベランダ

open.spotify.com

 ベランダは今年になってから知ったバンドなのですが、オルタナ!!サイケ!!って感じで、聴けば突き刺さる人もきっと多いんだろうなと思います。ギターの音がとても好きです。

 

 というわけで10曲でした~。順位はかなり適当ですが上3つは特によく聴いたなぁと思います。

 選曲がこう、「ちょっとサブカル寄りのオタク」っぽいなという気は自分でもしているのですが、そんなの今に始まったことじゃない。せっかくSpotifyで有料会員になったので、TLで話題になってる洋楽のアルバムなんかもチェックして少しずつ幅を広げられたらなと思います。ヒップホップを聴いてみたい、と思いつつ、まずはArctic Monkeysのアルバムをチェックしようと思っています。

 おわり。

半年経ってから選ぶ2017年マイベストアルバム

 読んで字の如くな内容です。

 仕事始まろうが普通にCDは買っているので就職前の「音楽聴かなくなるんじゃねーのか」という心配は杞憂に終わりました。むしろ「給料入るしいいや!」と思い買うことに躊躇いがあまりなくなった。浪費の才能があるようです。この才能異世界行ったらチート能力に変換されたりしねーかな。

 話がソレました。まあそこそこ新しいのも聴いたんですけど、そんなすぐ咀嚼できねーやと放置してるので四半期だの上半期だのではたぶん選べねえ。

 確か2017年のマイベスト記事書いてなかったので帳尻合わせということでこれを書くことにしました。帳尻合わせって言っても別に義務でもなんでもないのですが、強いて言うなら自分の中で(書いてなかったな~)という微妙な気持ちを(半年経ってから書いてやったぜ~ワイルドだろぉ~)という気持ちにするためです。これを読んだ方が、こんなのあったねとか、そんなのあったのとか、思ってもらえたら嬉しいです。

 順位は特につけてないです。

 

小松未可子『Blooming Maps』

Blooming Maps(CD+DVD)(初回限定盤)

Blooming Maps(CD+DVD)(初回限定盤)

 

  さっそく最近聴いてないやつだ!

 しかし2017年によく聴いたアルバムか~と考えたらこれがやっぱり思い浮かびます。聴きながら目を閉じればそこには強くて可愛くてかっこいい女性がいる。誰かと思ったらみかこし本人。みたいなアルバム。

 2018年のアルバムも楽しみです。ワンマンも行くよ!

 

ねごと『SOAK』

SOAK(初回生産限定盤)(DVD付)

SOAK(初回生産限定盤)(DVD付)

 

  クール。大人。かっこいい。です。

 「DANCER IN THE HANABIRA」はバンドリの「ちさ→あや」な歌だと思うのでバンドリ知ってる人は(ほんとか…?)と思いながら歌詞も読んでみてください。解釈違いだったらごめんなさい。

 

SHISHAMOSHISHAMO 4』

SHISHAMO 4

SHISHAMO 4

 

 SHISHAMOはいっつもその年のマイベストを考えようというタイミングになると(そうは言っても「普通」だしな…)と思って入れなかったりするのですが、普通は普通でも超高レベルな普通なので何年経とうが聴けちゃうのだろうなと最近は思います。全国の女子中高生に届け~と思いながら聴いています。

 

Brian the Sun『パトスとエートス

パトスとエートス(初回生産限定盤)(DVD付)

パトスとエートス(初回生産限定盤)(DVD付)

 

 ややソリッドな曲が多めですが基本的にはSHISHAMOと同じ印象で、時代を選ばず聴ける気がします。これ聴くなら他の聴けよと思う気持ちも分からなくもないのですが、帰ってきたくなる感じのやつです。

 一曲目のドラムの音が好き。

 

TrySail『TAILWIND』

TAILWIND

TAILWIND

 

 三人とも可愛いれす(^ρ^)

 

GRAPEVINE『ROADSIDE PROPHET』

ROADSIDE PROPHET(通常盤)

ROADSIDE PROPHET(通常盤)

 

 音圧バキバキのアニソンなんかの後に聴くとその音のふくよかさにたまらない気持ちになります。すげー濃密なアルバムなのですが、収録時間は50分切ってるのが地味に驚きです。

 

GRAND FAMILY ORCHESTRA『YELLOW VALENTINE』

YELLOW VALENTINE

YELLOW VALENTINE

 

 転岩転じてロックンロールって感じ。意味がわからない? 私もです。かっこいいってことだと思います。

 バンドにいろんなことが起こりすぎているのを見ていてまじ頑張ってくれ……という気持ちになっています。

 

挫・人間『もょもと

もょもと

もょもと

 

 切ない気持ちになりたいときは「チャーハンたべたい」の最高なギターソロを聴きましょう。あーもうたまんない。

 

For Tracy Hyde『he(r)art』

ハート

ハート

 

  長いアルバムは聴くのが億劫でアルバムの全貌を把握するのに時間がかかりまして、これもまあそうなんですけど、最後の「Halation」でどれだけ長くても許す! 君たち最高! という気分になります。

 

ナードマグネット『MISS YOU』

MISS YOU

MISS YOU

 

 『この恋は呪い』以降のアルバムは一通り聴いてるのですが、音が年々分厚くなってるのが良いですよね。「グッバイ」 が好き。

 

 2018年上半期を振り返るついでに去年のこともちょっと思い出してみると、なにか新しい発見とかあるかもですね。結局こればっか聴いてるなみたいな。何枚かカタログから引っ張り出して久々に聴くのもオツかもしれません。

 おわり。